久々に爆発

夕食時にトラブル発生。
今の生活訓練の事業所に通うようになって、お昼に出たお弁当のおかずで美味しかったものを母に教えて、作ってもらうようになった。先日もレンコンとパプリカのイタリアン風味みたいなのが美味しかったので、リクエストをした。

ところが、母が作ったものがお弁当で出たものと全然違うのに、私が母に気を遣って「まぁこれでもいい」と言ったのを、何を勘違いしたのか「美味しい、これが似てる」と解釈していて、私が今日「パプリカやピーマンが入っていないのは、私が忘れていて言わなかったから仕方ないけど、レンコンはそもそも色が違う。お弁当のは焼いていて茶色かった。これは昨日も色が違うと何度も言っているのに、何故分からないのか?」等々、文句を言った。
母は「レンコンは茹でたのでもいいって言ったじゃん」と言い張るけど、私はそんなこと一言も言ってない。とにかく「色が全然違う、こんな白くない、茶色かった。写真も送ったのに見てないのか?」と5回は念押ししたはずだ。

それでも母が「でもでも」とうるさいので、こっちもヒートアップしてしまい、「今まで気を遣って、傷付くと思ったからまずい料理も美味しいと言ってきたんだよ!」とぶちまけた。母が「なんで気を遣うの」と言うので、「1回、本当にまずくて、まずいと言ったら、「せっかく作ってあげたのにそんなこと言うなんてひどい、もう二度と作らない」って悲劇のヒロインぶりながら脅してきたから、気を遣って言わないように我慢してきた」と返したら、黙っていた。はぁ。

ってなことを書くと、「お母さんが可哀相。そんなに嫌なら家を出て自立するか、自分で作ればいい」と底意地の悪い説教を垂れる人が必ずいるんだけど、そうは出来ない事情があるんだよ!
母は関節痛が酷くて、今現在、昼と夜の調理と食材の買い物しか家事をしていない。私は家の掃除、トイレ掃除、自分のぶんの洗濯をやっていて、父は朝食作り、夫婦2人の洗濯、風呂洗い、ゴミ出し、車での送迎などをやっている。
料理の負担が大きいのは分かるんだが、母から料理を取り上げたら確実にボケる。何もすることが無くなるからだ。

こっちだってなるべく平静を装いたいけど、精神障害者なんだよ。ストレス耐性が低いんだよ。それが分かっているから、母には認知症になってほしくない。介護しきれないから。
もう本当に勘弁してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。