歯科でマウスピースを作ってきた

生活訓練のあと、歯科医院へ行ってマウスピースを受け取ってきた。と言っても、歯科技工士?の調整が入ったので、受付で「はい、どうぞ」って感じではない。
前に通っていた歯科医院で作ったマウスピースは、かなりキツキツでガッシリ歯にハマっていたけど、今の歯科医院では歯に触れてる?というくらいのサイズ感で、どっちが良いのか分からない。
ただ、仕上がりは確実に今の歯科医院のほうが綺麗だ。前の歯科医院はマウスピースに穴が空いていて、一瞬「え?」と思ったけど、歯科医曰く「マウスピースの機能的には問題ありません」とのこと。でも、奥歯が噛み合う所に穴が空いてて、本当にマウスピースの役割を果たすのだろうか?
その点、今回のマウスピースは不安感は無いかな。

お手入れ方法として「歯ブラシ、歯磨き粉は使わないでください」と言われた。まずい、前のマウスピース、おもいっきり両方を使っていた。前の歯科医師はそんなこと教えてくれなかった。だから割れたのかな……。いずれもマウスピースに細かい傷が付き、雑菌が繁殖する温床となるので止めてください、とのことだった。なるほど言われてみればそうだよな、という。

しかし、これだけの診察に40分もかかった。どんだけ時間かかるのよ……。更に会計で15分待たされ、疲れたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。