メンクリの通院日 ロナセン12mg

昨日は夕方からメンクリの通院だった。
相変わらず診察の長い人がいるみたいで、30分遅れで呼ばれた。

診察ではまず生活訓練のことを話した。「行けてる?」と聞かれたので、「今日は疲れが溜まっていたので休んでしまいました」と答えた。
週3日通所を実践中だがなかなか難しいことなどを話した後、例の「通所のルーティーン」について話した。すると主治医は笑いながら「それサラリーマンが毎朝やってるやつだよw」と言った。予想もしなかった指摘に思わず「は!?」と言ってしまった。そうか、これサラリーマンの習慣なのか……。
ちょっと一呼吸置いて、「もう長いこと同じ所へ週何日も通う、ってことが無かったので、そういう感覚を忘れていました」と答えたら、主治医はニコニコしていた。

そのあとは、自分の考えや情報が生活訓練の職員に漏れている、と感じることを話した。しかし、主治医は「そうかな?」と言うばかりで私の話を全然聞いてくれないので、がっかりした。
フラッシュバックや脳内会話がキツく、バスを乗り過ごしそうになったりするので困っていることも話したが、軽くスルーされた。本当に困っているのに。

買い物に関して、ちょっとお金を使い過ぎているみたいで、先日記帳したら残高がギョッとするほど少なくて、焦ったことを話した。
すると、主治医が「Money Fowardみたいなアプリを使ったらどう?」とアドバイスしてきた。気持ちは分かるのだが、この手のアプリはセキュリティが信用できなくて、あまり使いたくないのだよね……。
でもなんか主治医も使っていると言ってスマホ見せられたし、そこまでされると大丈夫なのかなぁとも思ったりして。悩ましい。もう少し調べてからにしようかな。スマホの機種変もあるから、機種変してから考えようかな。

みたいな感じで、診察が終わった。最後の薬の調整で、今まで通りにされそうになったので、「脳内会話が酷いから、寝る前のロナセンをもう1錠増やしてもらうことってできますか?」と聞いてみた。
すると、なにやらぶつぶつ数字を呟いていて(何か計算していたのだろう)、「うん、大丈夫だよ」と言われて、就寝前のロナセンが4mg錠追加で計12mgになった。ちなみにラツーダは変わらず40mgだ。

薬局も結構混んでて、30分ほど待たされた。待っている間に「もう1時間も待ってるんだけど! こんなに待たせるなら最初から言ってよ! 駐車場代どれだけすると思ってるの! いったん家帰ったわよ!」とブチ切れてる女性がいた。さすがにこれは同情した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。