生活訓練へ行ってきた 工賃支給

生活訓練へ行ってきた。先週末に休んでしまったうえ、モニタリングでおしゃべり職員の愚痴をこぼしたから、ちょっと行きづらかったけど、頑張って行ってきた。

月末なので工賃をもらった。思っていたよりもとても多かったので、嬉しかった。作業加算金というもので、1日あたり200円が付いていた。前の作業所はB型なのに1日150円だったから、待遇が全然いい。
ついでに来月は年度末で年末調整が入るらしく、いわゆるちょっとしたボーナスみたいな感じらしい。このシステムは最初の作業所でもあった。ちなみに2か所目の作業所では無かった。あそこマジで一体どういう工賃計算しているんだろうな?

この面談の際、所長に「もしかしたら近いうちに、毎月17000円の出費が必要になるかもしれない」という話をした。「結構な金額だね」と言われたが、そうなのだよ。障害年金の中から払えなくはないが、そのかわり貯金がほぼ出来なくなる。
それで、どうやったら工賃があがるのか聞いてみたが、焦らないでまずは週3日安定して通所できることを目指そう、と言われた。まぁそうなんだけどね……。「焦って体調を崩すのが一番まずいので」というセリフは何度か言われた。だいぶ警戒されているなぁ……。

あとは、おしゃべり職員のことを言われた。所長の方からそれとなく指摘しておいたと。
所長ですらも「ちょっと話が長いな」と思うことがあったようで、付き合いづらさを感じたのはコミュ障の私だけでは無かったんだと少し安心した。

って言っておいて、帰りにまたおしゃべり職員に掴まりそうになった。この人、本当に分かっているのかなぁ? 本人は「今日は用事があって急いでいる」と言っているし、私はそもそも一緒に帰る気はゼロなので、「お先にどうぞ」と促したのに、足踏みしながら「ホラ早く来てよ」みたいなこと言ってるから、「お先にどうぞ」と何度も繰り返した。
そうしたら、分かったというより「諦めた」感じで、足早に去って行った……。
どうしたもんかな~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。