ManeyTreeがどうしても信用できない

先日のメンクリで主治医から「ManeyTree」というアプリ(Webサービス)を紹介されて、主治医がそこまで便利だと言うなら使ってみようかな?と思って、アカウントを作ってみたんだが。
銀行の口座番号から第一暗証、更にはワンタイムパスワードまで入力を要求してきて、これはもう私のセキュリティ感覚では「ありえない!」という感じで、銀行登録すら出来なかった。

だってね、どこ行ったって「パスワードは誰にも教えてはいけません」って言われるよね。実際、ネット詐欺、フィッシング詐欺みたいなものでも、「絶対にパスワードは入力しないで」と言われる。
なのに、なんでこのアプリ・Webサービスだけ例外なの? いや勿論ワンタイムパスワードが本当にワンタイムな乱数で、ログインするたびに新しい数字を生成していることくらいは分かっている。でもさぁ。やっぱり感覚的に無理なんだよなぁ。拒絶反応が凄い。

主治医みたいに、仮にアカウントをハッキングされて悪用されて全財産が無くなったとしても、また働いて資産を築ける人はいいよ。でも私みたいに、障害年金の遡及請求で得たお金と生前贈与で得たお金とかろうじて働いていた時に作った預貯金がほとんどで、今自分自身に稼ぐ能力がほぼ皆無な人間としては、もしこの瞬間に口座からお金が消えたら、もう二度とそれは戻らないの。そんな恐ろしいこと出来ないよ~!

アカウントを作るまでは、預貯金のある金融機関、証券会社、ポイントカード等々をまとめて管理できるのは便利だなぁ、なんて軽く考えていたけど、ふたを開けてみたら一括管理なんて情報漏洩した時のリスクが高すぎるわ。
古い人間かもしれないけど、さすがにこれは使う気になれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。