生活訓練のもう1つの狙い

昨日も普通に生活訓練へ行ってきた。
参考になる人もいるかもしれないので書くが、昨日は生理2日目で、前日から「行けるかどうか?」と心配していた。というのも、私は生理痛が激しいからだ。

今までの作業所では、生理が来そうな予定日付近は問答無用で休んでいた。朝どころか夜中からダウンして休む電話すらかけられないこともあるので、だったら最初から休んでしまったほうがいいと思っていた。
ところが、今の事業所では予定日付近でも休みにしていないし、実際に生理が来ても休んでいない。これは自分史的には凄いことだと思っている。

もう更年期なので、いつ生理があがってもおかしくないんだけど、それまではやっぱりあるわけで、あるものとして生活をしていかないといけない。そういった時に、いつまでも「生理が来そうだから休む」は人生がもったいないな、と感じるようになった。今までの作業所で、生理が来てないのに休んでしまい、「なんか今日1日もったいなかったな」と思うことが多かったのもある。

こう感じるようになったのは、更年期のせいか生理痛が以前より軽くなったような気がするのと、医療の進歩で鎮痛剤がよく効くようになったのと、いろいろな理由があると思う。
昨日も特に具合が悪くなるようなことも無く、無事に行って帰ってこれたので、感無量だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。