最近精神状態が結構悪い

この1か月くらいだろうか、精神状態が結構悪い。脳内会話が激しくて、何か作業をしていても会話に意識を持って行かれてしまうことがとても多くなった。
風呂とトイレが鬼門で、何も音が無い閉鎖空間が本当にヤバイ。独語が凄い。自分でも気が付くレベル。主に怒りをぶちまけている。
頓服のリスパダールも全然効かない。もともと脳内会話にはほとんど効いたためしが無いのだけど。
過去の嫌な記憶のフラッシュバックが凄まじい。叫びたくなる。

これ、メンクリの主治医が代わったせいじゃないかと思っている。新しい主治医は、雑談をしない。患者の病的症状しか診ず、薬を出すだけ。生活背景とかには一切触れない。
もし脳内会話でいっぱいいっぱいになり、診察室で一言も話せなかったら、「じゃ、いつも通りお薬出しておきますねー」って言われそうなくらい、何も診てくれてないと感じる。
実際には違うのかもしれない。でも、患者である私自身がそう感じているのなら、それは私にとっての事実なのだ。きっと相性が悪いのだろう。

でも、あの樺沢氏も「主治医の先生と合うか合わないか、1回の診察では分かりません。最低3か月は様子を見て」みたいなことを言っていたと思うので、もう少し様子を見るつもりではあるが、なんかその前に電車に飛び込みそうで怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。