薬の整理をした

最後に薬の整理をしてから結構経つなぁと思ったので、改めて薬の整理をしてみた。

私にとっての薬の整理とは、要は在庫調整みたいなもので、予備で処方されていた精神科の薬を一定期間保管しておき、有効期限が切れる前に最新の処方薬と入れ替えることだ。
それ以外にも、内科など他の診療科で処方されて、「風邪薬とかまた使えそう」と思ったものを残しておいたものの、使う機会が無く有効期限が切れたものを捨てたりする。
有効期限は、前の主治医が「だいたい1年くらい」と言っていたので、そこらへんを目安にしている。

さて、今日確認した精神科の残薬は、去年の11月に処方されていた。まだ日数はあるけど、ここらへんで変えちゃってもいいかな、と思って、変えてみた。
と言いたいところなのだが。去年の11月はロナセンが1日2錠の処方になっていて、今1日3錠なので、明らかに足りなかった。
かなり慌てたが、「そういえば何故か前回、エビリファイ以外の薬が全部1回分だけ余ってた」というナイスな情報を思い出し、いったんゴミ袋に突っ込んだロナセンの薬袋を引きずり出した。
他にも、いつの処方か分からないけど、ロナセン3錠が余ってるシートが出てきたので、それも追加でなんとか間に合った。大丈夫かな?

あとは令和1年の消毒液や咳止め等があったので、そこらへんを全部捨てた。スッキリした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。