メンクリの通院日 エビリファイ3mgに増薬

昨日、生活訓練のあと、メンクリへ通院してきた。
今回は意外にも混んでいて、時間通りに呼ばれた(いやそれが普通なんだが)。

主治医に「最近どうでしたか~?」と聞かれつつ、前回の血液検査の結果を渡された。
バルプロ酸の血中濃度が治療域を下回っており、内心「やっぱり」とは思ったが、主治医は「飲まないよりは飲んだほうが良い」というので、スルーした。リーマスはきっちり治療域に入っていた。
内科的な所見として、中性脂肪が高いことを指摘されたが、「いつものことです」と答えたら黙っていた。

そのあとすぐに私から「最近めちゃくちゃ忙しくてー」と話し始めた。
別宅の風呂のリフォームを考えていて、馴染みの業者を呼んで「予算数百万円で考えてるんですけど」と言ったら、馴染みなので正直に「いやいや、そんなかかりません」と言ってくれて、母にあとから「数百万なんて大金、どうするのよ! 本当に払うつもりなの!? おかしいよ!」と言われたり。
美容皮膚科に行ってお肌のケアをしたいとか。
リュックを買ったのは、もう買っちゃった後だとか。

そういうのを、母に指摘されて「あれ? 軽躁かな?」と思うようになったんですけど、どうですか? と聞いたら、主治医は一言「躁だね」と。
いつもは丁寧語の主治医が、サラッとためぐちになったので、なんか事の重大さを感じてしまい、静かにしていると、「お金の桁がちょっと今までとは違うので」と言われた。まぁ数百万は確かに桁違うよなぁ。障害年金3年分くらい? さすがにマズイか。

あとは、何時に寝ても3時・5時半で目が覚めるとか、食が細っていて夕飯(主に白飯)を減らしているとか、ここ数か月で薬の飲み忘れが増えたとか。
睡眠はマジでキツイ。そのかわり夜も早く眠くなっているので、トータルで睡眠時間は確保できているけど、バラバラになっているのは寝た気がしないよね、とは主治医に言われた。
食事は、私は滅多なことでは食欲が減らない体質なので、夏バテなのかな?とかも思ったんだけど、やっぱりちょっと気になるかな。
薬の飲み忘れは本当に自覚が無い。メンクリへ行く当日になって、何故か1~2回分余っているので、ビックリする。昼は忘れやすいので気を付けてはいるが、朝夕はかなり油断してきているかもしれない。薬を飲まずにネットを始めたり、テレビをみたりしていることが多く、途中で「薬飲み忘れてた!」と気が付いて飲むことが、何度もあった。

特に薬の飲み忘れについては、主治医から「躁の時は注意力が落ちるから、薬の飲み忘れもそのせいだと思いますよ」と言われた。いや~生活訓練で作業ミスが多かったりして、自分でも「どうしたのかな?」とは思っていたが、躁状態の症状だったとは知らなかった。

そんな感じで、明らかに躁状態に入っているので、「頓服でしのげば良いですかね?」と聞いたら、「気分の波が目立つから、今の状況で増やせそうな薬、バルプロ酸かエビリファイを増やしたいですね」と言われた。
バルプロ酸つまりデパケンは、以前600mgにしたとき過食衝動が起きて体重が激増し、自尊心が大きく傷つけられたので、絶対に飲みたくない、と訴えた。
そうしたら「じゃあエビリファイ、少し増やしましょうか」と言われ、今まで3mg半錠だったところを、3mg1錠になった。

とりあえずこれで様子を見ることになった。次の診察は3週間後。それまでにどうなるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。