生活訓練で騙されている気がする

今日頑張って生活訓練に復帰して行ってきたんだけど。
なんかやっぱり騙されている気がする。こちらは「疲労やストレスで身体的な問題が起きた」と言っているのに、気が付いたら今までの通所スケジュールよりも多いスケジュールを組まされた。意味が分からない。

今までは月・火・金の11~15時からにしていたが、所長と面談で色々話しているうちに、気が付いたら月・水・金の10~15時になっていた。
最初、私が「月火の連続はあまりにも負担が大きい。帰宅後からバタバタで寝るまで息つく暇もない。1日の疲労が当日中にまったく回復できない」みたいなことを話したら、そこは理解してもらえたんだけど、何故か所長から提案されるスケジュール案がどれもハードで、何個も断った。

その結果決まったのが、上述のスケジュールという……。謎過ぎる。どこをどうやったら増えるのか? 週3日4時間の利用から、週3日5時間の利用になってしまった。しかも、水曜日は習い事の日なんだけど、それが終わったあとにも来い、と言われた。どんだけスパルタなんだよ……。
疲労とストレスが原因で調子を崩して、いわば病み上がりの状態なのに、なんで復帰後いきなりアクセル全開にさせようとするのか?

って今考えればそのおかしさが分かるんだけど、面談の最中は気が付かなかったんだよね。なんでだろね? うまく言いくるめられているというか、騙されているというか、洗脳されているというか。
とにかく終始話の主導権は所長が握っていて、ああ言えばこう言うで返してくる。話術が凄い。

そもそもこの生活訓練の利用に関しても、生活訓練は12月末で辞めて、1月に就労移行支援の見学へ行き、2月に体験利用をし、3月から本格的に利用開始したい、というつもりでいたのに、何故か3月になっても生活訓練の利用が続いている。
所長は「今は新型コロナのオミクロン株が蔓延しているから、動くのは控えたほうが良い。先方もそう言っている」と話していたけど、このぶんだとこの話も真に受けないほうが良いような気がしてきた。

このままだと生活訓練に殺されそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。