メンクリの通院日 リスパダール大量処方

昨日はメンクリの通院日だった。午前、午後ともに用事が無く、ただメンクリへ行くだけ、という日はここ数年多分無かったことなので、ちょっと不思議な感じがした。

まずは診断書を書いていただいたお礼を言い、もう1つお願い事があったので、それを頼んだ。

改めて診察に戻り。
今回、某ボランティアをしに行ってきたが、初めて行く場所、初めて会う人、と緊張の連続で、ただでさえここ1か月か2か月、軽躁気味なのに、更に拍車がかかってしまったかもしれない。
寝つきがとても悪く、いつもの眠剤を飲んでベッドに入っても目が冴えて寝られない。仕方なく頓服を飲む、ということがほぼ毎日続いている。
それ以外にも、脳内会話やイライラ、落ち着かないといった症状があるので、そういう時も頓服を飲んでいる。
1日2個まで、という制限があるので、それは守っているが、正直キツイ。

また、親にブログがバレている気がして、気が狂いそう。ブログを読まないと分からない話をされたりするので怖い。バレバレ感みたいなものがある。いつもと違う感じがする。
ストレスのせいか、円形脱毛が出来てしまった。

みたいなことをつらつらと話した。
すると主治医からは「いつもと違うことをするのは、テンションが上がる原因になりますね。特に人に会ったり話したり、っていうのは、思っている以上に刺激になるんですよ」と言われた。なるほど。
でも、個人的には得るものも多かったと思っていて、行ったこと自体はまったく後悔していない。主治医も、それを反対するような感じではまったく無かった。

ただ、やはり軽躁と妄想気味なのがとてもつらくてキツいので、ラツーダを増やされるのかな、と思っていたんだけど、無難に頓服のリスパダールを増量することになった。1日2mLまでOKになった。今まで1mLまでだったので2倍になった計算だ。
私の感覚だと、2mL全部飲むことは多分無いと思う。今のメンクリで治療をし始めた頃ですら、錠剤のリスパダールは鎮静がキツくて2mgしか飲めなかったので、今はもっと飲めないはず。

〆に「そのブログがバレている、ということで、お母さんが何か言ってくるとか、もめているとか、生活に支障が出ていますか?」と聞かれたので、「それは無いですけど……」と答えたら、「それだったら、許してあげられませんか?」と言われた。
なんか上手いこと丸め込まれた気もするし、読まれること自体が嫌なんだけど、確かに今のところ支障は出ていないので、ひとまず静観することにした。

薬局では、リスパダール0.5mLが約40個処方されているはずだったんだけど、受け取りに行くと1mLが約20個で、なんかおかしい。薬剤師に指摘すると、処方箋では1日あたりの総容量と朝夕の回数だけが指定されていて、個別の容量と個数は指定が無かった。
そこを指摘して、容量と個数を変えてもらって、無事帰宅した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。