キーボードを変えた

突然だが、PC用のキーボードを変えた。
今までMicrosoftの安いキーボードを使っていた。安いとはいっても品質はかなり良くて、メンブレンの柔らかい打ち心地が気に入っていた。

ところが、もう4~5年は使っただろうか、ここ1年くらいで明らかに打ち心地が悪くなり、ここ半年くらいは打ち間違いも多くなってきていた。
生活訓練でデータ入力をやった時のキーボードと比較すると、私のキーボードは明らかにヘタっているのが分かった。

なので、新しいキーボードを買おうとしたんだが、悩む点がいくつか。
次のPCはノートPCを買いたいから、もう外付けのキーボードは必要ないんじゃないか?という問題。
仮にノートPCでも外付けキーボードを使うとしたら、どれくらいの価格帯にするべきなのか? またMicrosoftの安いやつにするのか、ちょっといいやつにするのか。
ちょっといいやつだったら、どこのメーカーにするのか? こればかりは実物を触ってみないと答えが出ない。
しかし、家電量販店へ行く余裕が今は全然無い。そもそも買うべきなのかっていう(ry

で話がループしてしまい、困り果てていた。

しかし。私は結構用意周到なほうで、Microsoftのキーボードが故障した時のために、予備のキーボードを確保していたんだな。chiconyという聞いたことの無いメーカーだけど。たしか今のデスクトップPCを買った時に、セットで付いてきたやつだと思う。
これを再利用することにした。

実際に使ってみると、キーピッチなどはMicrosoftとかなり違うので、不慣れな感じが出てしまうけど、それ以外はまだまだ現役で使えそうな感触。
もうしばらくはこれでいこうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。