ネガティブツイートの威力

とあるテーマに絞ったTwitterアカウントを数日前に作ってみたんだけど、フォローした方々のツイートがあまりにもネガティブすぎて、ドン引きを通り越してこちらまで病みそうなので、出直すことにした。

どういうテーマで作っているのかは伏せるが、まぁ多少はネガティブなツイートもあるだろう、くらいには考えていた。メインで使っている精神病系のアカウントみたいな感じを想像していた。
メインアカウントは、陰性症状でだるい、眠い、などの鬱っぽいツイートが時々あるくらいで、普段は本当に日常生活の中でのつぶやき、という感じだ。作業所に行ってきますとか、お昼ご飯のラーメンですと写真をUPしたりだとか。とても平和。

ところが、今回作ったアカウントは、そういった日常生活に関するツイートがまったく無く、ひたすら某テーマに絞ったツイートばかりなのだ。
その内容は、愚痴や怒りといったドロドロした感情をぶちまけたものが多く、もはや怨念と言っても良いくらい悪意に満ち満ちている。言葉の暴力といった感じ。
1回のツイートでは飽き足らないのか、ぶら下げで5つも6つも「続き」を作ってぶちまけているので、まともに読むとこちらまで嫌~な気分になる。

不幸自慢も多く、「誰も私のこと分かってくれない!」と言いながら、結婚はしているんだよね。夫がいるじゃん、っていう。前に書いた『理解のある彼くん』ってこういう時にも発揮されるんだなーと思ってみたり。

まぁそんなわけなので、早くもアカウントを放置気味です。相互フォローになっている人は、申し訳ないけどブロ解するかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。