辞めていた模様

生活訓練で「この人、近いうちに辞めそうだなー」と思っていた2人が案の定、辞めていた。
といっても、職員に確認したわけじゃなくて、ロッカーの名札が無くなっていることしか分からないので、恐らく、だけど。

1人は、大声を出して喧嘩していた男性。この人は所長に「お世話になりました」と挨拶しているところを目撃したことがあって、今思えばあれが辞める挨拶だったんだなぁと。
もう1人は、距離無し女性。まぁ「だろうな」という感じ。生活訓練は友達を作りに来るところでは無いからなぁ。

じゃあどこで友達を作ればいいの?って感じもするけど、基本、社会人になったら友達ってそう簡単には作れない、と巷ではよく聞くよね。生活レベルが合う人としか親しくできないって。
弟の高校時代の同級生が夫婦共働きのパワーカップルで、世帯年収が5千万を超えているらしい。2千万を超えたあたりから話や価値観が合わなくなり、疎遠になったと言っていた。まぁそんなもんよ。

やっぱり、生活訓練や作業所は、仕事をする、作業をする、定期的に通う、といった目的・目標がある人が残っている印象。自分も含めてだけど。喋るより仕事してるほうが楽しいからな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。