Twitterで絡まれてる

新年早々こういう話を書くのも気が引けるが、同時に、新年からタイトル通りTwitterで絡まれたので、憂さ晴らしに書いてみた。

その人は前からちょっと挙動が怪しかった。同じ持病があるので、フォロワーさんは私と結構被っている。
しばしば共通のフォロワーさんのツイートに「DM送ったよ」「愚痴聞いてくれてありがとう」「また愚痴りたい」「ここの人たちにDM送れなくなったら誰に愚痴ればいいのか」みたいなリプを付けていた。それを見た時、「ウザい人がいるもんだなー」と思っていた。

そのうち、私のツイートに噛み合わないリプを付けてくるようになった。要は愚痴吐きだ。プロフィールには書いていないが、どうも中年の独身男性で、事情により無職のようだ。その人のツイートを見ている限りでは、毎日暇している感じ。
そもそも最初のリプの段階で、ためぐちなのが気になった。だいたいこういうツールで最初からためぐちなのは地雷だ。私はある程度気心が知れても、丁寧語を使いたいほうだから、いきなりためぐちの人はかなり警戒する。
でも、それだけでブロックするのも器が小さいと思われてしまうので、放置していた。

そうしたら、元日からいきなり絡まれた。「あけましておめでとうございます」のツイートに2回リプ、もう1つのツイートにも律儀にリプ。「いいね」だけならいくらでも歓迎するけど、リプまで付けられると返事を考えるのが面倒なんだよ。
しかもそのリプの内容が、「喧嘩売ってるのか?」と思われるような文体と内容で、アンガーマネージメントを実践している最中なのに、ついイラッとしてしまった。

ハッキリした精神疾患を持っているわけでは無さそうだが、いわゆる「病んでる」感じではあって、下手にブロックしたら周囲を巻き込んで騒ぎそうだし、本当に厄介。
さすがに私のコミュ力では持て余してしまい、リプに返事を書くことなく、「いいね」を付けるだけで誤魔化しておいた。

あんまりひどいようならブロックも考えないといけないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。