ドラマ『ブランケット・キャッツ』『コード・ブルー』

先週放送のドラマ『ブランケット・キャッツ』を見た。「助手席のブランケット・キャット」というサブタイトルのやつだ。
これはなかなかに重かった。クロを譲り受ける時に、「死ぬまでにしたい10のことがある」みたいなことを言っていて、あぁこれは死ぬ気か、死ぬような病気か、どっちかだろうなと思っていたら、どっちもだったから驚いた。
それ以外にも、美咲先生が抱いている秀亮への気持ちみたいなものが伝わっていて、非常にもどかしかった。今までずっとずっと、美咲先生が鈍い私にも分かるようなラブラブアピールをしていたのに、秀亮はまるで気にしていなくて、どうなってるんだと思っていた。なので、私の受け取り方(美咲先生が秀亮を好きに見えること)は間違っていて、もしかして一般の人には、美咲先生は秀亮をからかうのが単純に面白いから、ああいう態度なのかと思いかけてた。
でも、今回で藤村動物病院の従業員に「告白したら」みたいなことを言われていたのを見て、なぁんだ、私が受け取っていた通りじゃん、と思った。
このドラマは、秀亮と美咲先生の関係も気になるところなんだよね。秀亮も美咲先生も、2人とも素直じゃない。普通に考えれば、上手くいくわけが無いと思うんだが……。
それにしても、富田靖子、随分見た目が変わっちゃったような気がするのは私だけ? やつれたっていうか。昔からこんなだっけ?

次に、『コード・ブルー』を見た。今回はたった1時間に盛り沢山の内容だったなー。ちょっと盛り込みすぎて、消化不良な感じもした。
自殺未遂した教授の話は、個人的には気持ちが分かるので、ああいう人は助けなくてもいい、と思ってしまう。私も、「このまま生きているくらいなら、死んだほうがマシだ」と思って自殺未遂をしたからだ。今はあまり自殺願望が無いけど、まったくゼロというわけでもなくて、時々忘れた頃に「私なんか生きてても意味無いじゃん、価値無いじゃん」と思うことがある。
それに対して、料理屋のシェフは、バイタリティにあふれていて、こういう人もいるんだなぁと思った。「二度と包丁が握れなくなるかも」と言われたのに、それに屈することなく、「だったらリハビリ頑張る」みたいなことを言えるのって、一種の才能だと思う。少なくとも私には無いわ。
あと、大きかったのは、妊娠していた看護師の人。吐瀉物から毒物汚染が疑われ、まず最初に思ったのは、私も「赤ちゃんどうなるんだろ?」ということだった。放送では、胎児の様子については一切触れられていなかったので、問題無いのかもしれない。でも、今後、話が進むにつれて、「あの時の汚染で実は胎児に影響が出てて」みたいなことになるのかなぁとか思った。どうなるんだろ?

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』

午後は録画していたドラマ『脳にスマホが埋められた!』を見た。今回は今までで一番面白い話だったのでは? 折茂が所属する会社の本業、ファッションの話が結構出てきて、店舗にまで行かされて、店舗での仕事ぶりが見られたのは本当に面白かった。店員折茂の独特の挨拶が笑えた。
ブブカ役の安藤なつが大嫌いなので、その点についてはイライラさせられまくった。あんな太ってるのにモテ女設定とか、なんなんだよ。ちょいデブの私が全然モテないのに。くっそ。羨ましい。
最後はすんなり終わるかと思いきや、どんでん返しがあり、意外な結末に最後まで目が離せなかった。途中、少し眠気が来てウトッと寝かけたんだけど、話の面白さで眠気が飛んだ。普段、この時間帯の深夜ドラマは見ないんだけど、これは面白かったな~。

ドラマ『コード・ブルー』『過保護のカホコ』『遺留捜査』

録画していたドラマ『コード・ブルー』を見た。最初は、主人公の藍沢の喋りに馴染めなくて、なんというか、くぐもった声でうまく聞き取れなくて、つまんないなぁ、なんて思っていたんだけど、妊娠した17歳の少女が出てきたあたりから、「あれ?面白いかも?」と思い始め、このドラマの本筋、ドクターヘリで母娘3人を運ぶシーンでは、もらい泣きをするまで感情移入していた。恥ずかしい。
にしても、ホント、藍沢役の山下の活舌の悪さ、くぐもった鼻声はどうにかならないのか? 聞き取りづらいと思ってるの、私だけ? あと、無表情で冷徹な感じも、あまり印象が良くない。そういう設定だと言われれば、そりゃそうなんだろうけど、藍沢の言動ひとつひとつに、イラついてしまう。それが狙いだとしたら、たいしたもんだよ。

午後は『過保護のカホコ』を見た。遂に加穂子が「過保子」から本当の「加穂子」になった。自己主張できるようになったというか。
加穂子が、麦野君と会ってはいけない、とママに言われたのに、こっそり会っていて、それだけで胸がキュンキュンした。このドラマ、いいなぁ。電話で麦野君の趣味を聞いたり、服とかお弁当作りとか、麦野君に気に入られようと努力したり、青春だなぁと思った。
半面、ママの過保護というか、もうあそこまでいくと一種の虐待だよね。それがウザくて堪らなかった。うちもわりとあんな感じで、束縛・監視・管理の厳しい親だったから、見ていて「うわぁ……」と思った。どこかへ出かける度に「いつ、どこに、誰と、どうして行くのか、予算はいくら、夕飯は要るのか、何時に帰ってくるのか」といったことを細々と報告しないと、機嫌が悪くなる母親だった。今もわりとそういうところがあって、出かけようとすると、ナチュラルに「どこ行くの、何するの、誰と行くの」と聞いてくるので、本当に息苦しい。
ああいう母親って、二言目には「あなたのことを一番理解しているのは私(母親)なのよ」「なんでもお見通しなんだから」と言ってくる。これが私にとっては、「母に超能力で心を見透かされている」という妄想?が出現する原因となった。小学生の頃だと思う。

夜は面白い番組が無かったので、録画『遺留捜査』を見た。大学時代の三角関係って、ありがちな設定だけど、リアルでは聞いたこと無いなぁ、と一瞬思ったが、あった……。といっても、このドラマのように綺麗な話ではなく、1人の優柔不断な男を取り合って、こじれたっていう話だけど。こんなマドンナのような女性が、将来有望な2人の間で揺れる、なんて、漫画みたいな話があるわけ無いじゃん。
それでも、結婚までしたのだから、女のほうに好意はあったんだろうし、そこを疑って「俺は好かれてない」と拗ねるのは、幼いなぁと思った。更に、家庭内でも食事中に会話もせず研究に没頭するとか、どうなんだろうなぁと思った。実際のところ、どうなんですかね? バリバリの研究者って、飲食も寸暇も惜しんで研究してるのだろうか。と思ったら、バリバリの研究者と仕事したことあったわ。確かに、昼は無言で1人PC見ながら食べてた。
そして、袴田吉彦、安定の変態役に笑った。この人、いろんなドラマで変態役やらされてるよね。どういう経緯で変態役ばかり舞い込むことになったのだろう?
最後は、しんみりと『遺留捜査』らしい終わり方で、見て良かったなぁと思った。

ドラマ『遺留捜査』『ブランケット・キャッツ』

ドラマの録画を見た。『遺留捜査』だ。
配役が参った。私があまり好きでない子役、寺田心だったから。なんかあの子、あざといよね? 変なところで大人びてて、変なところで子供のまま。大人受けを計算してるのかと思う。それはともかく、放火犯、放火癖についての話で、なかなか面白かった。連続放火の犯人を、「癖」という切り口で見るドラマはあまり無いのではないか? 子供の頃の愛情不足で「癖」を発症した放火犯、という設定は、考えさせられるものがあった。

次に『ブランケット・キャッツ』を見た。これもやっぱり面白い。口うるさいマンション管理人の爺さんと、気難しくて懐かない白猫タマ。そこに、目標も無くのんべんだらりとフリーターを続けるサブ主人公の男性とその彼女。
サブ主人公の男性の、あまりにも無計画な考えにイライラさせられた。あれだけ厳しい管理人がいるのに、簡単に猫を飼おうとしたり、彼女を連れ込もうとしたり。管理人にバレやしないか、冷や冷やした。彼女も彼女で、よくあんな頼りない男に付いて行くなぁだめんずなのかなと思った。
しかし。案の定、あの管理人の爺さんの過去が明らかにされる。ここまではまぁ想定内だよね。きっとやると思った。白猫タマが、孫が可愛がっていた猫だったということは、予想できなかったけど。なるほど、上手く出来てるドラマだなぁと思った。
最終的にはハッピーエンドだったけど、私はああいうプライバシーに介入してくる管理人がいるような賃貸には住みたくないや。

ドラマ『過保護のカホコ』『脳にスマホが埋められた!』『遺留捜査』

朝食を食べた後は、録画していたドラマ『過保護のカホコ』を見た。ほんとこれ面白いね。高畑充希がほんと良い演技をしている。加穂子に、作業所の同僚曰く「ドSの対応をするイケメン」こと竹内涼真も、良い味を出している。加穂子はそれに全然めげないで付いて行ってる。そこがいい。
今回は、いとこの糸ちゃんが腕を怪我して、チェロが弾けなくなる、というシリアスな話だったけど、相変わらずコミカルなシーンもあり、考えさせるシーンもあり、で、1時間があっという間だった。加穂子のように、何かを死に物狂いで頑張ったことが無い人には、やっぱり何か慰められても、上から目線でごちゃごちゃ言ってるんじゃないよ、って思ってしまうよね。私は、電子オルガンや大学受験をかなり頑張ったほうだったから、どちらかというと糸ちゃんのほうに感情移入してしまったわ。

午後も録画していたドラマを見た。『脳にスマホが埋められた!』だけど、これも面白いなぁ。企業と契約しているプロスポーツ選手が一般社員を見下しているとか、そのスポーツの経験がある一般社員が、プロスポーツ選手と競争して心を開いていくとか、なんともありがちなストーリーだけど、スマホ人間というユニークな設定が1つ入るだけで、こんなにも話が面白くなるんだな、と思わされた。
今までだったら、スポーツ選手が走る速度とか、どうやって測ったんだよ!って突っ込みを入れたくなるようなシーンでも、脳内スマホで測った、ってSF設定だから、なんでもすんなり受け入れちゃう。ある意味、ズルいなーと思った。そうだね、このドラマはSFと言ってもいいかもね。
最後は上手くハッピーエンドに繋がって、良かった。

更にもう1本。『遺留捜査』初回の録画を、ようやく今頃見た。いやー長い! やっぱり個人的には、毎週連続モノのドラマで、2時間スペシャルはやって欲しくないなぁと思った。1回こっきりの登場人物の名前なんか覚えられないし、設定もよく分からない。2時間も必要ないようなストーリーなのに、むりやり2時間枠を取ってるから、途中で話がだれちゃって、少し寝ちゃった。
唯一の収穫は、糸村さんと村木さんが京都府警へ異動になったことくらいか。京都といえば、いろんな刑事ドラマやサスペンスで舞台になる所だよねぇ。科捜研の女も京都府警だった気がする。たまには岐阜県警とか、今までやったことないような所でやればいいのに。せめて大阪府警だな。大阪弁丸出しで、お節介な大阪のおばちゃんが登場したりする刑事ドラマ。ダメか。西村京太郎サスペンスに出てくる山村紅葉みたいになっちゃうか。

ドラマ『ブランケット・キャッツ』

午前中はNHKのドラマ『ブランケット・キャッツ』を録画してあったので、それを見た。このドラマは1回完結になっており、途中から見ても楽しめると思う。猫を飼う、ということと、人間ドラマが上手く絡められていて、なかなかの意欲作だと私は思う。今回も、中学生のイジメがテーマになっていて、考えさせられると同時に、猫に癒された。これはドラマのサブ主人公たちにも言える話で、みな癒しを求めて猫を譲ってもらいに来る。見事3日間のトライアル期間を終えて、猫が飼えるようになった人もいれば、猫を飼うことを諦める人もいる。人間色々だなぁと思う。

ドラマ『コード・ブルー』雑感

昨日の夜は、『コード・ブルー』というドラマを見た。なんでも3作目らしい。前作が7年前で、その頃は私は引きこもっていてPCゲームばかりしてテレビを見ていなかったので、どんなドラマか知らなかった。でも、かなり楽しめた。
初回にありがちな20分延長?は邪魔だった。見るの疲れちゃった。登場人物の名前も関係性も全然把握できていないのに、そんなの知ってて当たり前、みんな前作見てるでしょ?みたいな感じで話が進むので、そこはちょっと不親切だなと思った。

主人公の山下智久が、わざとなのか個性なのか分からないけど、物凄くくぐもった鼻声で、そのうえ口をあまり大きく動かさないで喋っているので、何言ってるか聞き取れない場面が何度もあった。まぁもともと私も耳が悪いので、そういうことは慣れているから、話の流れで「こう言ったんだろうな」って判断しているけど、ドラマの主人公レベルでこの声は無いわーと思ってしまった。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』

午後は、『脳にスマホが埋められた!』を見た。これは第1話を見て「面白いかも!」と思って、毎週録画予約にした。今回も、整形した女が今までの非モテを取り返すかのように男漁りをするという、非常にありがちなストーリーながらも、スマホ人間というSFチックな設定のお陰で、面白おかしくなっている。これ、伊藤淳史だから面白いのかもなぁ。役者が良いよ。今後も楽しみなドラマだ。

ドラマ『過保護のカホコ』

午後は、『過保護のカホコ』というドラマを録画していたので見た。最初の5分で「つまらない」と思ったんだけど、更に5分見ていたら「あれ? 面白いかも?」と思えてきた。そのまま、主人公の高畑充希の演技に魅せられるように見続けてしまい、結局最後まで見てしまった。
うちもかなり過保護というか、共依存な母娘なので、耳が痛いと思う部分、共感する部分、色々な感情が生まれて、見ていて飽きなかった。私の場合は、あそこまで両親や親族に揃って愛されている感じではないが。
これは毎週録画で決定した。