YouTubeでイラッ

昨日からYouTubeを見ていて、イラッときたことがある。お勧めに出てくる動画が、ほとんど同じ企画ばかりなのだ。
特に引っかかっているのが、外国人が日本のミュージシャンの歌を聞いてリアクションする、というもの。1人目は面白かったけど、1回「Good」を押したら、これでもかってくらい類似動画をお勧めされて辟易している。

有り体に言えば、玉置浩二の動画なんだけど、個人的には玉置浩二は嫌いじゃない。むしろ安全地帯の頃から知っているから、実力があるのも分かっているし、好きなほうだと言える。
でも、テレビ番組なんかもそうだけど、「日本ヨイショ」みたいなの、あんまり好きじゃないんだよね。日本が好きなのは嬉しいけど、なんというか、外国人ってリアクションがオーバーだから、「そこまで言わなくても……」と思ってしまう。

それにしても、YouTubeは極端だよね。お勧めアルゴリズム、見直したほうが良いよ。現状、関連する動画じゃなくて、同じ企画の動画をお勧めしてる。なんと無能な。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。