休ませてもらえない

ここ数日で一気に抑うつ感がひどくなり、「死にたい、死ななければならない、誰か殺してくれ」みたいなことを脅迫的に考えてしまっていて、いつもなら一晩寝れば治るのに、治らなくなっているので、これはもうマズいと思って、生活訓練にしばらく休みたい旨、連絡をした。
ところが、結論から言うと、また休ませてもらえなかった。

今の事業所の生活訓練を丸一日休む、というのは、新型コロナワクチンを打った時だけだったと思う。それが「もう無理」と思って意を決して電話をしているのだから、察して欲しい。それだけでも泣けてくる。
とにかく先方が言うには、「おうちで1人で悶々と考えているよりは、施設に来たほうが安心だから」とのことなんだけど、安心できるのはあなた方であって、私ではないよね?

職員が「主治医の先生はどう言ってるの?」と聞いてきたので、「まだ聞いてません。明日診察なので」と答えたら、なんと診察に同席したいと言い出した。ありえない。親ですら同席したこと無いのに。
そこはハッキリ「無理です」と断ったんだけど、3回「どうしてもダメ?」と粘られた。どういうこと!?

ちゃんと、「今までの作業所で「死にたい、苦しい」と思ったときは数か月休ませてもらってきた。それを休めずに拗らせると、もっと長く休まないと回復しなくなったので、1か月だけでもいいから休みたい」と言ったのに、上述のことを言われ、「時短にしようよ」「曜日も減らそう」ととにかくちょっとでもいいから来させようとする。

どうして理解してもらえないんだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。