消費生活センターとauに相談した

少し前に『お試し商法に引っかかった』という記事を書いたんだが、いまだに無料サンプルが送られてこないので、消費生活センターに相談した。もはや無料サンプルなど欲しくも無い。私の個人情報を完全消去してほしい。それだけだ。

相談は電話で188番へかけた。地域のセンターまで繋いでもらって、混むかと思っていたがすぐに電話口に出てもらえた。
簡単に「アンケートに答えたら無料サンプルを送る、とあったので答えたけど、1カ月半経った今もまだ送られてこない」と話すと、会社は何?とか何の商品?とか色々聞かれたあと、「それは定期購入詐欺かもしれないから気を付けて」と言われた。

要は、最初に無料で送っておいて、それがその後の定期購入の同意みたいな感じになっていて、放置しておくと翌月、翌々月と商品が勝手に届いてしまう契約になっているケースがある、とのこと。ひえー。
このケースは本当に多いらしい。私も定期購入詐欺はテレビで見たことがあるけど、まさか自分がその詐欺に引っかかっている可能性があるとは思わなかった。怖すぎだろ……。

au公式のアンケートシステムなので、こちらも油断していた、と話すと、相談員さんは「auがやってるなら大丈夫だとは思うんですけどねぇ」と言っていたが、どうだろうか?

そう思って、auのLINEサポートを利用したのだが。
結論から言うと、auのサポートがクソ。「それうちのサービスじゃないよね? うちはポイントシステム提供してるだけなんで。広告主がやったことは知りません、広告主に問い合わせてください。」
みたいなことを一方的に返答してきて、こちらが「auだから信用した、少なくとも広告主企業の精査はするべき」的なことを書いたら、「文章長すぎんだよ、短い文章で書けよ」と返ってきた。死亡。
こちらの言い分はまったく聞き入れてもらえず、勝手にサポートが打ち切られた。マジでもうau解約しようかな。
前々からサポートがクソだとは思っていたけど、こんなクソになっているとは思わなかった。

というわけで、この件はまったく解決しないまま終わりそうだ。やっぱり個人情報抜かれてるよな~。腹立つ。

あと、お前だよお前、まだ監視してるだろ。いい加減にしろよ、寝てる間に目ん玉潰すぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。