父親にまで監視されていた

母のみならず父親にまで監視されていた。
母は常日頃、毎日の生活面で監視しているけど、父は私がものすごく拒絶していることを知っているので、何もしていないんだとずっと思っていた。

しかし、相続した集合住宅の管理組合に関わっていて、もし仮に私が集合住宅に引っ越したとしても、事務所で生活ぶりは観測できることになる。
それだけならまだしも、地域の社協こと社会福祉協議会の監事をしていたことが昨日分かった。

社協については私も詳しくは知らないのだけど、その名の通り、福祉関係の事業を行ったりしている所のようだ。
父みたいに「うつは甘え」「根性が足りない」「気合が足りない」みたいなことを平気で言って、気合入れだと称して殴ってくるような精神疾患に無理解な人間が、社協の監事をするだなんて本当に信じられない。不適格でしょ。なんで関わってるの?

そして、その社協に関わることで私を遠回しに監視してこようとしていることが丸分かりだから、本当に気味が悪い。父も母も、どこまで私にまとわりついたら気が済むの? 社協にチクってやろうかな。
もう親の過干渉から逃れるには、親から相続した集合住宅に住むだけでは足りない。全然別の地域へ引っ越さないと、どこまでも監視の目を光らせてついてくるんだ、と思った。

本当に怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。