B型作業所関係でドタバタ

絵画教室から帰って昼食の支度をし、自室に戻ってみると、スマホに着電があった。相談支援専門員さんからだった。
あちらもどうせ昼食タイムだろうと思い、13時まで待って家の固定電話から電話をかけ直した。
すると、留守電になってしまった。仕方が無いので、かけ直す旨吹き込んで電話を切った。

しばらくして家の固定電話に相談支援専門員さんから電話があった。普段は固定電話には出ない私だが、ナンバーディスプレイの番号で相談支援専門員さんだと分かったので、すぐに出た。

用件は、モニタリングをしたい、ということ。それって作業所の仕事が決まらないと出来ないのでは?
ということで、実はまだ作業所の契約手続きをしていないし、仕事の内容もまったく決まっていない、何もできていない、ということを話した。
すると、相談支援専門員さんは絶句したようで、数秒ほど無音が続いた……。

とりあえず22日に作業所へ行く予定になっているので、それに行けたら帰りに相談支援事業所の事務所に寄ってくれないか、と頼まれた。
こちらとしても、出かけた日1日で必要な用事をまとめて終わらせられるなら助かるので、体力的に行けそうなら行きます、と言っておいた。

その際に「受給者証を持ってきて」と頼まれたので、受給者証を入手するのにえらくモメた話をしたら、「そんなことがあったの!」と驚かれてしまった。
まぁこの話も、ものの5分で終わった。そんなことより、今月は外出イベントがあと4個も残っている! めちゃくちゃプレッシャーだよ……。あまり深く考えないでおきたいけど、考えざるを得ないよ……。

そのあとは、肝心の作業所から来所日時の確認メールが来ていたので、返事を返しておいた。ほんと、無事行けるように祈るしか無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。