ブレインバンクでまだ悩んでいる

先月下旬に届いたブレインバンクの書類。
結構時間が経つから、もう同意書を送ったと思われてそうだけど、実はまだ送っていない。わたくし約50歳。統合失調症患者の平均寿命が60歳と聞くと、あと10年しか無いから、死は身近だよね。

で。死に際をどうするか、っていう問題なんだよ。
たとえば私がよく考える、列車への飛込自殺。これは臓器も脳も有効活用できない方法だから、冷静に考えれば絶対にやってはいけない。
そもそも、自殺リスクのある人はどうもお断りの可能性が高そうだ。チェックリストがあって、医師の判断が入るらしい。

じゃあ寿命をまっとうして、となると、普通に考えて親のほうが先に逝くから、私は独り暮らしになるだろう。孤独死だ。
事務局に「孤独死して死後時間が経ってしまった場合はどうなりますか?」と問い合わせたら、「季節や環境にもよるが、だいたい3日が限界」みたいなことを言われた。うーん、おちおち孤独死もできないとは。

うっかり間違って親より早く死んだら大変だ。親が信仰している新興宗教のやり方で葬式があげられるだろうし、私の希望である散骨もしてもらえなさそう。
新興宗教は本当に嫌で、私が引きこもっている間に祖母が亡くなったんだけど、菩提寺での葬式・戒名ではなく、新興宗教のスタイルで葬式をあげられ、戒名もそっち系のものが付けられてしまった。菩提寺に行ったら他の方と戒名が明らかに違うから、すぐに分かった。
母は「祖母は改宗した、戒名もそっち系のほうがいいと言った」って言ってるけど、遺言とか何も無い。母が勝手に話を作っている可能性が高い。私がもし引きこもっていなくて、葬式に参列できていたら、全力で阻止していたのに。

こんなだから、今「臓器提供同意、ブレインバンク同意」と言っていても、死んだら手のひら返ししてくる可能性は相当高い。嫌だな。
確実に臓器提供したいから健康で長生きしたいとか、意味分からんね。あれ? それでいいのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。