メンクリの通院日

昨日は3週間ぶりのメンクリの通院日だった。
昼過ぎまで作業所の作業をして、そのあとの通院だったので、かなり疲れていたけど頑張った。

待合室は満席で、珍しく待たされた。
診察室に入ると、主治医が朗らかに「調子はどうですか?」と聞いてきた。前回、機嫌を損ねたかもしれない、と思っていたので、医師だって人間だもの、と流しておいた。

睡眠が不安定なことを訴えた。22時くらいに寝てしまうこともあれば、夜中の2時まで寝られないこともある等々。寝られない時は頓服を飲んでいるけど、大丈夫なのでしょうか的な話。
すると、主治医が「睡眠薬は増やしたくないんですよ」と言ってきた。私が「依存性があるからですか?」と聞いたら、「そうです」とのこと。一応といったら失礼か、そういうところまで考えて処方してくれるんだなぁと思った。

それで、毎日寝る時間と起きる時間を決めて、その通りにしたほうがいいですよ、と指導を受けた。いや、それが出来れば苦労しないのだが、と思ったけど言わなかった。
眠くても頑張って起きる。夜もいつもの時間が来たら寝る。無理やりにでも繰り返していくうちに、睡眠リズムが出来ますよ、という話。理屈は分かります。
まぁこれは夜更かしし過ぎないように心がけるとしよう。

作業所のほうも、主治医から質問された。「どうですか?」って。なんか意外だなーと思った。主治医は薬物療法が好きみたいで、あまり生活圏の話は聞いてこないような印象があったから。
でまぁ「とても楽しくやっています」と答えたら、主治医も嬉しそうにしていた。工賃がすごく良いので、しばらくお世話になろうと思っています、と言ったらまた目がニコッとしていた。

その他諸々の話をして、次回の診察になった。
今後の金曜日がワクチン、祝日とあって予約が入れられないため、4週間後の診察になってしまうけど、どうでしょうか?とお伺いを立てたところ、大丈夫でしょう、と言われた。
前回の診察で「状態によっては4週間後は難しい」と言われていたので、ちょっと不安だったけど、主治医の判断としては問題無かったのだろう。
でも、私としては診察期間が4週間も開くことなど今まで1度も無かったので、正直言って不安……。私の主治医は非常勤だから、金曜日じゃないと診てもらえない。最悪の場合、他の医師に診てもらうことも出来るけど、あまり気が進まない。

ま、悪いこと考えたらきりが無いから、調子を崩さないように祈るしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。