絵画教室だった

1週間ぶりの絵画教室だった。
その間にも作品制作をしていたので、正直言って飽きかけているけど、そこは我慢。

まず最初に、私が自宅でやってきた成果を見ていただく。普通に「いいよ、いいよ!」と褒めていただけてホッとした。
すごく頑張った砂や地面の表現は、とても良くできていると高評価をいただいた。ただ、地面の色調が写真と比べて少し違っているので、そこを修正するように言われた。

あとは、やはり葉が……。私が持っていない色の絵の具を使って、もう2段階くらい暗くしてほしいと言われた。うーん、抵抗あるなぁ。
私が昨日「これ以上弄りたくない! むしろ消し去りたい!」と思った部分は、先生も何かを察知したのか(まさかこのブログ、バレてる?)、特に触れられなかった。

まぁ色々あったが、まずは地面を修正した。これはもしかしたら得意かもしれない。結構簡単に修正できてしまった。
次に葉。気が重い。3回ほど色を乗せたが、全然自信が無い。

実際に先生に見ていただくと、先生も「うーん……」……。
色々説明をお聞きしていて、ふと気が付いたことがあった。私が描いた絵には、紙の白地が残っている、ということ。先生はそれを言いたかったのか。
そこからはスルスルと理解が追い付いた。白地を残さず色を置いていった。先生的にはまだ足りないみたいだったけど、その方向で良かったみたい。

あとは、コンクリの部分をどうするか。
私が「どうしてもここが気になる、修正したい」という部分があったので、強めに主張したら、先生は先生で気になる部分があったらしく、じゃあコンクリも全体的に修正しよう、ということになった。
先生は「もっと白い部分を目立たせたい」みたいなことをおっしゃったが、私が「白色が乗りません」と返すと、何やら熟考に入った。そしておもむろに絵の具を混ぜだし、塗り塗りし始めた。
これが上手いんだよなぁ。葉でやられた時とは全然違って、表現力が凄い。プロが本気出すとこうなるのか、という見本。

そのあと、額縁の色や形などを相談したりしていた。
結局、今日だけではあと一歩二歩三歩くらい足りず、来週に予備追加で入れていた1日を使うことになった。この日でなんとか仕上げたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。