お気にのブログが無くなっていく

なんか、お気に入りで拝読していたブログが、どんどん無くなっていってる。
気が付いたら更新が無くなって放置もあれば、URLごと削除されていることもある。ブログの記事から徐々に「ちょっと病状良くなさそうだな」「止めちゃいそうだな」と感じることもあれば、本当に突然削除されることもある。そのあたりは千差万別。

仕事をガッツリしていて、育児家事もやっていると、ブログなんか書く暇も無い、という人が大多数なんだろうと思う。そして、こういうこと言ったら怒られそうだけど、精神障害者は暇があるから、長文ブログも書けるんだと思う。私も含めて。
でも、だからこそ同じ立場の精神障害の方のブログは読んでいて刺激を受けたり励みになったりする。
精神障害者以外の、健常者のブログも含めて、いろいろな方のブログを拝読することを、私は特に「ネット巡回」と書いている。ただのネサフと書き分けているんだけど、気が付いた方、いらっしゃいますかね?

私はどうなんだろう。私生活(主に仕事)が充実して、ブログを書く暇が無くなったら、良いことなのだろうか?
なんかそれも違う気がする。どんなに忙しくなっても、1日2時間くらいはネサフしたりブログ書いたりしてノンビリする時間が欲しいかな~。やっぱりそれって贅沢なのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。