用心したほうがいいのかな?

私は普段、階段よりもエスカレーターやエレベーターを使っている。足腰が弱っていて、特に下り階段は足がガクガクして手すりを使わないと下りられないので、エスカレーター等があれば必ずそれを使っている。
26日に作業所の事務所へ行った時も、最寄り駅から外に出るのにエレベーターを使った。行きは特に問題無かった。

問題なのは帰りだ。今まで事務所には4回行っていて、その全部で駅のエレベーターを使った。
2回目から、ちょっとしたことだけど気になることが起きた。エレベーターで一緒に乗ってきた男性2人組がいるのだ。2回目から全部だから、計3回、同じ2人組に相席されている。なんか、怖くない?

事務所から出る時間は、5分くらいの違いはあるかもしれないけど、まぁだいたい同じ時間で、その男性2人組も2回目3回目の時は工具箱を持っていたから、どこかの現場作業員なんだと思う。恰好も作業服だし。
でも、近隣で現場工事をやっているような所は無いし、どこから来たのか分からない。ただ、私がエレベーターへ近付くと、どこからともなく男性2人組が現れて、エレベーターに乗る。私はそのあとに乗る感じ。

そして、26日に「これはちょっと……」と思ったのが、出るときだった。「お姉さん、お先にどうぞ」と言われた。初めて声をかけられた。
最初は「いえいえ、そちらのほうこそどうぞ」と断ったんだが、何度も勧められたので、「じゃあ」って感じで出ようとしたら、「綺麗なお姉さん、どうぞw」と言われた。
たまたまその掛け声と私が出るタイミングが一緒になっただけなのに、男性2人組が「おいおい、綺麗なお姉さんって言った途端に出て行ったぜ、自分のことだと思ってんのかよw」みたいなことを言う下卑た笑い声が後ろから聞こえてきて、「そういうわけじゃないのに……」と思ったら、なんかもう怖くなった。

それだけじゃない。その男性2人組は先輩後輩といった関係らしく、先輩が何を言っても後輩は「ハイッ!兄貴の言う通りです!」と壊れたレコードプレーヤーのように同じセリフを繰り返す。言い方悪いが、ちょっと知的障害なのかな、と思うくらい不自然に。

そういうのが全部重なって、なんか「怖いな」と思ってしまった。
もう駅のエレベーターは使わないほうがいいのかな。場所も階段の奥にあって、周囲の視線から隠れたところにあるので、何かあっても誰にも気が付いてもらえない可能性がある。
「怖い」と思うってことは、言葉にできない何かがあるんだと思う。もう止めておこうかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です