メンクリの通院日 主治医にも見捨てられたかも

昨晩から猛烈にお腹の調子が悪くなり、水を飲んだだけでも全部出てしまうくらいだった。このままでは生活訓練に行けない、と焦りつつ、今朝起きてみてもやっぱり下痢が酷くて、生活訓練を休んでしまった。
通い始めて2カ月もしないうちに、もう1週間丸々休んだことになる。どうしようもないね。所長に呆れられていることだろう。これでまた行きづらくなった。

昼食はおかゆでしのいで、夕方メンクリへ行ってきた。
最近、判断力が鈍っているようで、買い物をしまくっていること。生理前のイライラがひどく、母に「死ね、殺すぞ」等の暴言を吐いていること。1日中眠くてたまらないこと。等を話した。
加味逍遙散を飲んでもいまいち効果が得られないので、飲むのはいったん止めてみよう、ということになった。

生活訓練で職員から嫌がらせのようなものを受けている、それで行くのが嫌になりつつある、みたいな話をしたが、特に何も突っ込まれなかった。
どの作業所に行っても馴染めないし、イジメに遭う。症状を悪化させてまで通う価値を見出せない。仕事そのものは楽しいが、人間関係が苦痛でたまらない。そんなようなことを愚痴っていたら、これといったアドバイスも無く、手早く話をまとめられて、薬の調整に入られた。あー、主治医にも見捨てられた、と思った。

薬の調整をして、帰りがてらに「認知行動療法の行動活性化って、例えば掃除をして綺麗になったなー良かったなーと思うこととかもそうですか?」と聞いたら、「まさにそう」と言われたのでホッとした。
家の掃除は私の無給の仕事になっているが、できることなら文句を言わずにやりたい。最近、生活訓練の通所がキツいのと、やることが大量にあるのとで、イライラしていた。それで、掃除をするのも負担に思っていたが、初心を思い出して明日から淡々と掃除をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。