模写再び

今、二次元の模写に戻って基礎から叩き直しているところだ。可能な限りお手本の絵に忠実に描きたい、という私の希望で、ちょっとのミスも許さず描こう、という方針でやっているが、なかなか難しい。
今日も少しの寸法や位置の合わなさが気になって、何度も描いては消し描いては消し、していた。ほとんどの時間をそれに費やしたと思う。まぁそれでなんとか納得のいくものが出来たので、苦労のし甲斐があった。

最後に先生に見ていただいたところ、そろそろ輪郭を縁取る描き方から卒業しよう、ということで、面で描くスタイルに変更してみよう、と言われた。
輪郭の線は目立たせないようにして、お手本にあるような陰影をHの鉛筆で付けていく。これは面白そうだ。
私が既に何か所か2Bの鉛筆で付けていた陰影を、先生は「いいよ、こういう感じでやって」と言った。よし、これならできそうだ。自信が付いてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。