やっぱり副反応だった

昨日、新型コロナウイルスワクチンを打った腕が赤くなったので、打った病院へ行こうとしたら定休日だった。
というわけで、今日行ってきた。

中待合室で待っていると、先に診察されている医師と患者の声が聞こえてくる。「熱は37.6℃くらいなんですけどー」「PCR検査がー」等々。……これヤバイんじゃないの?
普段、身近で熱が出たとかPCR検査をしたとかいう人がいないので、それに該当する人が、このカーテンを隔てたすぐ向こうにいるのかと思うと、少し怖かった。まぁ一番怖いのは、医療従事者だろうけど。本当に頭が下がる。

さて、私の診察だが、まず。
昨日、病院のLINE(この病院はLINEアカウントを持っていて、律儀に院長が返信しているらしい)宛てに「腕が赤くなったんだけど病院に行ったほうが良いですか?」的な相談をしたら、「気になるようでしたら、来てください。ステロイドを出します」的な返事が返ってきたので、行くことにした。

そして今日、行ってみたら、医師(院長)から「昨日LINEくれた方ね」と言われた。覚えてるのかよ! 凄いな。
っていうか、昨日は病院が定休日だったのに速攻で返信くれて、どんだけサービス精神旺盛なんだろう?

まぁそれで、赤くなった腕を見せたら、やっぱり副反応ということで、左右の腕の温度を測られた。差異を調べているんだと思う。あとは、腕の写真を撮られた。無許可なんですけど……。まぁいいわ。きっと症例報告かなんかに使うのだろう。
「赤い範囲が広がっているとか、ありますか?」と聞かれたので、「下の部分が昨日より大きくなってる気がします」と答えておいた。

私もこの件については結構興味があったので、いくつか質問してみたが、このワクチンは打って2週間後くらいでも平気で副反応が出るらしい。
医師のほうでも最初はデータが揃っていないのでよく分からなかったが、最近ようやく判別がつくようになってきた、と言っていた。インフルとかだと、ここまでの副反応は出ないことが多いそうだ。やはり「強いワクチン」いう話だった。

そんな感じで薬局へ寄ったのだが、ここでも「発熱外来の患者様は必ず店外でお待ちください」の貼り紙が。そう、この病院、発熱外来があるんです。だからPCR検査がどうのこうの言う患者がいるんだよなぁ。でも、ここ以外に近所でまともそうな内科は無いし。
なんというか、まともな内科ほど発熱外来を設けている気がする。ヤブ医者には設けられないでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。