歯科の定期健診

昨日、生活訓練のあと、歯科医院へ定期健診に行ってきた。
帰りの電車でトラブルがあったらしく、遅延していて、予約時間に間に合わないかと思った。
それでもなんとか地元に戻ってきて、ATMでお金をおろし、早歩きで歯科医院まで急いだ。予約の5分前に到着。ホッとした。
そこからは、いつも通り30分ほど待たされて診察が始まった。

今回、「左下の奥歯が染みる」と事前に伝えていたので、そこから診察が始まった。虫歯では無いようなので、知覚過敏でしょう、とのことだった。歯ブラシを当てただけでも痛かったので、虫歯かと思っていた。
ここまでは歯科医が担当し、そのあとからは歯科衛生士が担当していた。フロスでの歯磨きや歯垢の除去などをやってもらった。
「自分でも週に1~2回、フロスをやっていますよ」と言ったら、衛生士がえらい喜んでいて、フロスまでやってくれる方が実は少なくて、道理できちんと磨けていらっしゃるなと思っていたんです、みたいなことを言われた。

念のため、マウスピースを持って行っていたが、歯科医が「持ってきてます?」と聞いてきたので、「はい」と言って渡したら、「洗って除菌しますね」と持って行った。

最後に、歯の端が尖っていて、舌に当たって口内炎みたいなものがしょっちゅうできる、可能なら削ってほしい、と前回と同じようなことを頼んだら、快諾してもらえた。
しかし、これがとんでもないことに……。

なんか、前にやってもらった時より明らかに長い時間、削ってるんですよ。前はそれこそキュイーンが5回くらいで終わった気がする。それなのに、今回は何十回もやってる。削りすぎじゃないの……?
こちらも焦りでだんだん脂汗が出てきて、大丈夫なのかよ、って思っていたんだけど、なかなか言い出せないし、俎板の鯉じゃないけど、されるがままに。
ようやく終わって、舌で問題の歯を触ってみたら、明らかに削れている! ええええ!

思わず「え! これちょっと削り過ぎでは!?」と慌てたんだけど、衛生士は澄ました顔で「大丈夫ですよ」と言う。そして更に削る……。
もう内心泣きたかった。この尖った歯は、今の歯科医院へ通う前の歯科医院で、「健康な歯を削りたくない」と削ることを断られていたんだが、こういうことか、と思ってしまった。こんなに削られてもう取り返しがつかないじゃないか(涙)。

最低にどんよりした気分でいたら、「最後に染みるのを防ぐ『染み止め』を塗りますね」と言われ、処置してもらった。しかしこれも作業が雑で……。この人、衛生士に向いてないのでは?

なんだかんだで処置が終わり、診察椅子から降り、リュックを持とうとして気が付いた。マウスピースを返してもらっていない。
すぐさま「あの、マウスピースを返していただいていないのですが」と尋ねると、完全に忘れてましたと言わんばかりに衛生士が「申し訳ありません」と言って、差し出してきた。この人、仕事できないよね?

なんか、また歯科医院を変えようかと思ってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。