辞められないとはこういうことか

2019-06-29に『就労継続支援B型事業所(B型作業所)を辞めてきた』という記事を書いていたんだが、そこで私は「何故作業所を辞められない人がそんなにいるのか?」と不思議がっていた。
しかし、今自分はその「作業所(生活訓練)を辞めさせてもらえない」状態にあって、あぁこういうことか、と思った。

とにかくこちらの「辞めたい」という言葉をスルーして、「生活訓練は継続できるからね」と噛み合わない返しをする。
「週5日の通所は無理だ」と再三言っているのに、それもスルーして「みんな週5日来てるから」とプレッシャーをかける。

特に分からないのが週5日通所のプレッシャーだが、こんなことしたら「じゃあそこには通いません」と言われても仕方が無いのに、何を考えているんだろう?
会社の偉い人に勧誘されて、年内に系列の就労移行支援事業所へ見学に行くことになったが、ここで「週5日来てね」と言われるようだったら、その場で断ろう。無理して再発したくない。

相談支援専門員を前任の人からここの系列の人に切り替えて、前の作業所を辞める、となった時、新しい相談支援専門員から「辞める時にモメるようだったら、私が間に立つから心配しなくていいよ」と言われた。
その時は「そんなことでモメる所あるのかw」と思ったけど、今、私がその立場にいる。前にも書いたか、自分の組織が、利用者が辞める時にモメるから、よそもそうなんだろう、と考えているんだな。予想は的中してしまった。

まぁ少なくとも今月で辞めることは不可能っぽい。なんだかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。