『ポーの一族 春の夢』読了

昨日に引き続き、今日も読書。アマゾンで買った大好きな萩尾望都の作品、『ポーの一族 春の夢』を読み終えた。これはあえて紹介しなくても、好きな人は勝手に買うだろうし、知らない人はスルーするだろう。知らない人には、是非一度手に取って読んでもらいたい。少女マンガ好きのみならず、SF好きな人にも馴染む作風だと思う。

ところで、この作品を読む前に、読んでおかなければならない作品がある。それが、同じく萩尾望都の作品である『ポーの一族』だ。不死身の吸血鬼がテーマのファンタジー漫画で、この作品を知ったのは高校生の頃だった。同級生に萩尾望都の大ファンな子がいて、「erikoなら絶対気に入ると思う!」と言って紹介してくれたのが、『ポーの一族』だった。私は、そのストーリーだけでなく素敵な画風も気に入り、お小遣いが許す限り、萩尾作品を買い求めた。ノートの隙間に毎日描いていたキャラ絵も、高橋留美子風のものから、萩尾望都風の画風に変わった。それくらい影響を受けた。
ところが、高校生というのは悲しいもので、お金が無いんだよね。うちも当時は家計が厳しく、お小遣いも3000円しかもらえなかった。それ以上はアルバイトをして捻出していたが、近所の子供に勉強を教える家庭教師のアルバイトで、ただの高校生がそう何人も教えられるわけがなく。『ポーの一族』の漫画は、3巻セットの豪華版が2巻までしか買えなかった。今、また新たに出ているようなので、それを買おうと思う。

さて、この『ポーの一族 春の夢』だが、少し読んでホッとした。萩尾先生、変わってない! 一時期、別の作品で、かなり画風が変わっていたり(雑になった)したので、もう御歳だし、線に勢いが無くなっても仕方がないのか、と落胆していたが、この『ポーの一族 春の夢』を見る限り、そんなものは杞憂に終わった。素晴らしい出来だ。
吸血鬼と人間の細やかなやり取りが、緻密で美しい絵柄によって演出される。ポーの村も出てきて楽しかった。アランは相変わらず調子が悪くて、ほとんど出番が無いのが可哀そうだったけど、中盤、意外な形で注目を浴びることになり、こういう展開はホント萩尾望都って上手いよなぁと思った。
新キャラのファルカは、最初普通に親切な人だと思っていたけど、途中からどんどん怪しくなって、遂にエドガーが勘付いた時は本当にドキドキした。こういう展開も、やっぱり本当に上手いと思った。最後、ブランカを巡って一悶着があり、息もつかせぬ展開とはまさにこのことだな、と思った。

今回は運良く第1刷を手に入れることが出来たけど、そんなに売れてないのかな? こんなに素晴らしい作品なのに。ぜひもっといろんな人に見てもらいたい。

『精神科ナースになったわけ』読了

『精神科ナースになったわけ』という、コミックエッセイの漫画本を読み終えた。

この本はどこで知ったのか忘れたけど、とりあえずアマゾンの欲しいものリストに突っ込んでいた本で、送料の都合で他に買う物が出来たら買おう、と思っていた。それが、ようやく最近買う物が出来て、この本も買うことが出来た。
この漫画の冒頭部分は、作者のWebサイトから読めるようになっている。それで、最初はあまり興味が無くて、時間潰しに読み始めたのだけど、読んでみたら凄く面白くて、最後に「続きは漫画を見てね」みたいなセリフがあったんだけど、今までだったら、「あっそ」とスルーするところが、この漫画は「続きが読みたい!」と思ってしまい、買う気になったんだ。

どうして続きが読みたくなったかと言うと、Webサイトから読める範囲に出てくる、統合失調症の帽子をかぶり続けている細木さんがとても気になったからだ。細木さんは、真夏でも帽子をかぶっている。本人も暑いと思っているが、かぶっている。その理由が、「脳みそが出て来るから」とは。絶句したと同時に、涙が出た。
健常者から見れば荒唐無稽なことであっても、統合失調症患者にしてみれば、「帽子を取ると脳みそが出てしまう」と感じるのは、本当にリアルな体感で、恐ろしいと感じているのだろうな、ということが、手に取るように分かった。だから、同情して涙が出てしまったのだ。

第2章になると、より看護師目線での話が増えた。私は、精神疾患を患って長いけれども、精神科への入院経験は無いんだよね。だから、精神科病棟での患者さんの様子や、それを看護する看護師の気持ちとか、想像もつかない。怖いもの見たさで知りたいな、と思った。
やっぱり、精神科の病院で働くと、そのハードさから精神を病む看護師もいるそうだ。それはなんとなく分かった。介護士も結構キツイもんがあると、聞いたことがあるし。でも、主人公の看護師は、自分の経験から精神科の看護師になりたい、と希望していたせいなのか、適性があったのか、そこらへん上手く立ち回っていた。凄いなと思った。
私が普段利用している支援センターや作業所の職員も、かなりストレスが溜まる仕事だと思うけど、どうやって発散したり、メンタルのバランスを取ったりしているのかな、と思う。看護師と違ってそんなに高給取りでもないから、買い物で発散は出来ないだろうし、またそういう話を聞いたことも無い。

第3章の鈴木さんは、外出で死ぬんだろうな、って大体予測できた。でも、実際にそうなると、ショックだよなぁ。自分も希死念慮が強い時期があって、外に出たら死ぬ行動を取ってしまうだろうな、と自分が怖かったことがある。でも、今はそんなに希死念慮は強くないかな。私はどちらかというと躁が多いから。

そんな感じで、精神科の薬を飲むようになってから、本がなかなか読めなくなった、と思っていたけど、この漫画は1時間足らずで一気読みしてしまった。それくらい面白かった。
懸念していたプライバシーの問題、漫画に登場する人々に許可を得ているのだろうか、という問題は、巻末に協力者一覧のようにして書いてあったので、クリアされているのだと信じよう。
あと、残念だったのは、作者が現役の精神科の看護師ではなかったこと。私、てっきり看護師が漫画描いているんだと思ってたよ。職業漫画家なのか。なんかガッカリ。